結婚したいなら、会話カアップの期限は早くて半年、遅くても2年以内

日頃からの会話のトレーニングと、見た目を今よりも良くすること。

やるべきことが少しずつ見えてきたのではないでしょうか。では、ここで婚活の現実についてお話ししたいと思います。

実は、結婚相手を探すのは簡単です。自分にYESの札を上げてくれる人、そこから探せばいいのです。ただ実際は、自分はYESでも相手がYESと言ってくれないとか、自分はNOの人ばっかりが近寄ってくるということが多いです。

なぜそうなるのかというと、通常、人は自分よりもステージが上の人のことを理想的だと思うからです。ここでいうステージとは、その人の恋愛・結婚における異性から見た魅力の市場価値のことです。容姿、学歴、収入、仕事、家柄だけでなく、教養、経済観念、ものごとの考え方、会話も含めたコミュニケーションカ、柔軟性、性格、思いやりなど、さまざまな要素の総合評価です。人間力と言えると思います。

婚活を成功させるには、まず自分のステージを認識して、同じステージの異性を探すことが大切です。うまくいっていない方は、自分のことを過大評価し、自分のステージを上げる努力や意識もなく、自分より高いステージの異性を求めています。

いまの婚活市場では、市場価値が高いステージA・Bに未婚女性が多く、市場価値が低いステージC・Dは少ないです。逆に男性は、A・BよりもC・Dが多いと女性全体が感じています。

会話にいたっては、女性のレベルが上だから、男性の最低レベルとつり合う女性を探してもほとんどいません。同じレベルならうまくいきますが、つり合う相手がいないのですから、努力して今の自分のレベルを上げるしかないのです。

学生時代からたくさん恋愛してきた人は、ステージを実体験により感じることができるため、お互いに無理のない関係の相手を選び、順調に結婚に進むことができます。

逆に恋愛経験の少ない人は、相手とのステージ関係を感じ取ることができないため、自分よりもステージがはるかに高い「高嶺の花」にアタックする方もおられます。傍から見ていると、宝くじを買っているような無謀な行為としか思えません。

婚活をする前に、自分自身が異性にどう評価されているのか、いま自分がどこのステージにいるのか、一度客観的に考えてみてください。自分を少し変えて相手のステージに上がることは、努力次第ではそう難しくないのです。

また、あまり高いステージの相手を求めすぎると無理が起こります。ここにどんな男性から見ても美しくて素敵な女性がいます。こんな女性なら結婚したいと誰もが思います。

では、あなたはその女性とこれから恋人になり、その後に結婚相手としてやっていくことができるでしょうか? 家族としてやっていけますか?

相手の求めることに応え続けることができるでしょうか? 他の多くのライバルに勝つことができるでしょうか? 相手があなたにNOと言っているのをYESに変える自信と実力があるのでしょうか?

YESと言ってもらえるために、会話トレーニングをするのですが、あまりにも高い目標は現実的ではありません。理想で終わってしまいます。たとえ理想が叶ったとしても、その後の人生に無理が生じてしまうでしょう。

ある婚活している方に、結婚相手の理想を下げることをアドバイスしたら、「妥協しろと言うのですか!」と怒られました。これは妥協ではありません。現実なのです。

結婚するためには等身大の相手を目指すことです。それでもYESという相手の中から決められないのなら、NOという相手をYESに変える努力をするしかないでしょう。誰もYESと言ってくれないのなら、もっと努力が必要です。

ただ単に、会話上手になりたいのであれば、話し方講座に通って、5年10年かかって徐々に上手くなるのでも構いません。しかし、婚活に関しては、10年かけて会話力を上げていたのでは間に合いません。

ここ1~2年で勝負しなければ、あなたの婚活における市場価値は年々下がる一方なのです。

1~2年で決めなければならないのは、まさに就職活動と一緒です。大学3~4年生の間に、何か何でも内定のYESを出してくれる相手を決めなくてはいけないのです。

婚活市場では「年齢」という要素が重要になっています。それは男性も女性も同じです。年齢が上がるほど、NOと言われる出会いが多くなってきます。

いい相手はすでに結婚してしまっているので、残った中で自分がYESと言いたい相手も減ってきます。どんな魅力的な方でも、今の年齢より数年前のほうが婚活市場では優位なことが多いです。

入社(結婚)してみないと本当のことはわかりません。理想の会社ではないと思っていたけれど、「入ってみたらよかった」ということもあるのではないでしょうか。その反対もあるわけですから、これはもう結婚してみないとわからないのです。

結婚できる人は結婚相手を決められる人であり、相手に決めてもらえる人です。先延ばしにされる方はいつまでも決められません。

あなたは、ここ1~2年の間に出会う人の中から、結婚相手を見つけなくてはいけないのです。変えるべきところは今すぐ意識して変える。実践できることは試してみる。悠長にしている暇はありません。意図的に、急いでやっていただきたいです。

ここ1~2年で結婚する覚悟を決めてください。